ジャンクフードのトランス脂肪酸でうつやイライラに

ジャンクフードのトランス脂肪酸でうつやイライラに

近年、ジャンクフードの食べ過ぎで、うつ傾向やイライラに悩まされている人が増えています。

 

ジャンクフードにはトランス脂肪酸が多く含まれているため、多く摂取すると脳が影響されて精神が不安定になりやすくなります。
この頃、やる気がでない、些細なことでイライラする、といった方は日々の食生活を見直してみてください。

 

忙しい毎日に追われて、ついつい食事をジャンクフードですませてはないでしょうか?
コンビニのお弁当などもあまりよくありません。

 

こういったご飯を食べた後、トランス脂肪酸が多く含まれているスナック菓子や安価なお菓子を食べていれば、さらに追い討ちをかけることになります。

 

これらの食べ物とは反対に、うつやイライラを予防してくれる食べ物は、抗酸化作用があるものやオメガ3脂肪酸が多く含まれているものです。
次の通りです。

 

抗酸化作用のある食べ物 オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物

・大豆
・そば
・コーヒー豆
・茶
・シソ
・ゴマ
・緑黄色野菜
・海藻類
・キノコ類
など

・サバ
・マグロ
・サンマ
・イワシ
・サケ
・ブリ
・キャノーラオイル
・フラックスオイル
・クルミ
など

 

上記の食べ物を積極的に摂るよう心がけ、快適な生活を送りましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加