トランス脂肪酸を含まない油:フラックスオイル(亜麻仁油)のリグナン

トランス脂肪酸を含まない油:フラックスオイル(亜麻仁油)のリグナン

トランス脂肪酸を含まない油である、フラックスオイル(亜麻仁油)にはリグナンという物質が含まれています。

 

リグナンとは、亜麻の種に含まれている繊維のことです。
ポリフェノールの一種でもあり、腸内細菌によって体内で非常に強力な抗がん物質に変化します。

 

リグナンは体内でエンテロラクトンという物質をつくる材料ですが、これが大腸がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなどの性ホルモンに関わるガンを予防し、更年期障害の軽減、心臓疾患などの改善効果を発揮します。

 

その他にも、リグナンは、インフルエンザやヘルペス、A型肝炎、B型肝炎などのウイルスに対抗し、免疫システムを促進するはたらきを持っています。

 

リグナンは小麦のふすまやライ麦、オーツ麦、大豆などにも含まれていますが、亜麻の種にはそれらと比較して圧倒的な含有量があります。

 

また、亜麻の種の繊維は非常においしいとも言われています。
しかし、亜麻の種の繊維は相当な水分量を吸収するので、そのまま食べる際は十分な水分と一緒に摂取するようにしましょう。

 

亜麻の種はそれほど入手しやすくありませんので、日常的に摂取したいならフラックスオイルを取り入れることがおすすめです。
フラックスオイルを使って健康になりましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加