トランス脂肪酸を含まないオリーブオイルは健康長寿の秘訣

トランス脂肪酸を含まないオリーブオイルは健康長寿の秘訣

オリーブオイルは代表的なトランス脂肪酸を含まない油ですが、これを日常的に摂取することで、健康長寿を実現することができます。

 

オリーブオイルにはオレイン酸と抗酸化物質が豊富に含まれています。
ですので、心臓や血管を守る働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞を予防します。

 

毎日、オリーブオイルを大さじ2〜3杯摂取することで、心臓血管疾患による死亡リスクを約4割減らし、さらには全体の脂肪リスクを約2割減らすとのデータがあります。

 

地中海地方ではオリーブオイルの摂取量が多く、地中海式食事法は健康的な食事法ということで非常に有名です。
また、地中海地方は長寿としても有名です。

 

101歳の現役医師として有名な聖路加国際病院の日野原重明先生も、毎朝果汁または野菜100%ジュースにオリーブオイル大さじ1杯を入れて摂取しており、この健康法も有名です。

 

オリーブオイルは、J.CalmentさんやM.Amashさんなど120歳を超える長寿者が共通して摂取していたことでも有名です。

 

普段の食生活で使っている油をオリーブオイルに置き換えて、より健康になりましょう。

 

また、オリーブオイルには植物性スクワランが含まれているので、日焼け防止やスキンケアなどとしても活用することができます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加