トランス脂肪酸と化粧品

トランス脂肪酸と化粧品

トランス脂肪酸は、化粧品に使われる油にも含まれていることがあります。

 

化粧品は日常的に使うものですから、そこにトランス脂肪酸が入ってるとなると恐ろしいことです。
もちろん肌に塗ったものはいくぶん体に吸収されますので、トランス脂肪酸が体には入ることは避けたいところです。

 

脂肪の再生プラントには、レストランやファーストフードなどから集められた使い古しの油が持ち込まれます。
この使い古しの油にトランス脂肪酸が含まれているのは言うまでもありません。

 

さらには、食用の動物の脂肪も加えられますが、たいていは人間の食用には不適応とされた病獣や病鳥が多いです。
また、動物病院で死んだ動物や、交通事故で死んだ動物、安楽死で死んだ動物などの脂肪も加えられることがあります。

 

このようにしてできた油は、さまざまな産業の分野で使用されます。
約40%が家畜の飼料、約25%が化粧品、塗料、合成ゴム製品、約15%石鹸、約10%がペットフードなどです。

 

化粧品や石鹸に用いられる量は無視できません。
スキンローション、口紅、化粧品などの原料となり、私たちの身近に出回っています。

 

トランス脂肪酸を避けるためには、少々値が高くても質の良い化粧品を使うようにしましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加