トランス脂肪酸は加齢臭を強める

トランス脂肪酸は加齢臭を強める

トランス脂肪酸は加齢臭を強めるはたらきがあります。
加齢臭の元となるノネナールを抑えるには、抗酸化作用のある食品を摂取することが大事です。

 

臭いを強めるだけでなく、体の中からサビさせ老化を早め、さまざまな悪影響を引き起こすのでトランス脂肪酸は避けましょう。

 

加齢臭を抑えるためには、肉より魚の和食中心で、抗酸化作用のあるビタミンCやEを多く含む食品を摂取しましょう。

 

 

加齢臭とは、中高年特有の体臭のことですが、近年では若い人にも見られます。その主な原因が、食生活の欧米化、皮膚の洗い過ぎ、効き過ぎな空調、ストレスです。

 

ノネナールは皮脂腺の中にあり、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくと生成されます。男女差はなく、40歳近くになると加齢臭が出やすくなります。

 

加齢臭が発生しやすい箇所は、頭皮、脇の下、デリケートゾーン、耳の後ろ、首回り、背中、胸元、下腹部などです。

 

 

最近加齢臭が気になるなと思った人は、ぜひ食生活を見直してみてください。
出来合いの惣菜やお弁当なので食事をすませてないでしょうか?

 

トランス脂肪酸を含まない健康な食品を食べることは、加齢臭の軽減のみならず、動脈硬化やがんなどさまざまな病気のリスクを減らすことに貢献します。



 このエントリーをはてなブックマークに追加