トランス脂肪酸:ケンタッキーフライドチキンの取り組み

トランス脂肪酸:ケンタッキーフライドチキンの取り組み

米ケンタッキーフライドチキンでは、揚げ油に保存性の良いショートニングを使用してきました。しかし、ショートニングに含まれるトランス脂肪酸が心疾患のリスクを高めるとの声が高まり、2006年10月、米KFC社はトランス脂肪酸を含む食用油の使用を、北米にある同社の5500の店舗で07年4月までに停止すると発表しました。

 

その後2年間にわたり、フライドチキンやクリスピーチキンの味を変えないで、トランス脂肪酸を含まない油で出す方法をる研究しました。それはサクサクとした歯ごたえ、カリッとした食感、香ばしい匂いなどは、トランス脂肪酸を含むショートニングに負うところが大きかったからです。新しい油はトランス脂肪酸を一切含まない遺伝子組み換えの低リノール酸大豆油になりました。

 

米ケンタッキーフライドチキンが、トランス脂肪酸の使用を停止した背景として、2002年6月、米KFC社は消費者団体によって訴訟を起こされています。これは、米ケンタッキーフライドチキンはトランス脂肪酸を含む油の使用を止めるか、あるいは消費者に健康上のリスクを知らせる一文を挿入するべきだという訴訟でした。

 

日本ケンタッキーフライドチキンによると、日本では米国の動きとは別に、06年よりトランス脂肪酸の少ない食用油の導入を進めているとのことです。



 このエントリーをはてなブックマークに追加