トランス脂肪酸の危険性

トランス脂肪酸の危険性

トランス脂肪酸とは、水素をくわえて硬化させたマーガリンやショートニングといった硬化油に含まれる成分で、動脈硬化や心臓疾患の原因となる悪玉コレステロールを増やすといわれています。

 

一部牛などの反芻動物の脂質には若干含まれているようですが、天然植物油には一切含まれない成分で、人間の口にはいる割合のほとんどが人工的に加工した脂分に含まれているものです。

 

天然には存在せず人工的に作られたトランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減少させて悪玉コレステロールを増加させるなど、人間の健康に悪影響を与えると言われています。

 

その結果、トランス脂肪酸を大量に摂取し続けると、様々な病気を引き起こす危険があります。

 

現代の多くの油に大量に含まれるトランス脂肪酸には体の役に立つ機能がありません。
そればかりか、老化やガンの原因になる活性酸素をたくさんつくったり、他の重要な脂肪酸の機能を妨げるなど、さまざまな悪い働きをします。

 

なかでも危険なのは、トランス脂肪酸が細胞膜にダイレクトに悪影響を及ぼすということです。

 

細胞膜は単に細胞と細胞を仕切るだけではありません。
細胞膜は細胞内で発生した老廃物を排泄したり、情報を伝達するなど、生命活動に欠かせない大切な役割を担っています。

 

このようにして細胞が全身で60兆個以上も存在し、筋肉や骨、内臓、神経、血管、血液といった私たちのパーツを形成し、一人の人間として成り立たせてくれています。

 

そして、 細胞膜は脂質で構成されていますが、トランス脂肪酸が入り込むと、細胞膜の構造や働きが不完全になってしまうのです。