トランス脂肪酸:コーヒーフレッシュに注意

トランス脂肪酸:コーヒーフレッシュに注意

コーヒーフレッシュは、ファーストフードやコーヒーショップ、ファミレスに置かれていますが、これにもトランス脂肪酸は入っています。

 

一つ一つの容器は小さいのでラベル表示がありませんが、スーパーなどで売られているもののラベル表示を見ると原材料名が分かります。
原材料名には、植物性油脂と書かれています。
これがトランス脂肪酸にあたります。

 

実は、コーヒーフレッシュには、牛乳や生クリームといった乳製品は入っていません。
簡単にいうと、水と油を混じりやすいようにするために乳化剤を加え、とろみをつけるために増粘多糖類を加え、色を調整するためにカラメル色素、日持ちをよくするためにph調整剤を加えただけのものです。
いわばミルク風トランス脂肪酸の塊です。

 

考えてみれば、常温で置きっぱなしになっているんですから、乳製品のわけがありませんよね。
コーヒーフレッシュは避けたい食品のうちの一つです。

 

外でコーヒーを飲む際は、コーヒーフレッシュを入れることは避けましょう。
家で自分でコーヒーを作って飲む際も、コーヒーフレッシュではなく、牛乳や生クリームを使用するようにしましょう。
その方がおいしいだけでなく健康を損なわずにすみます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加