トランス脂肪酸とオメガ6脂肪酸

トランス脂肪酸とオメガ6脂肪酸

トランス脂肪酸の問題は、含まれる脂肪酸の種類にもあります。

 

例えば一昔前は、マーガリンは植物性なので健康に良いと言われていました。
マーガリンは、コーン油、べに花油、大豆油、綿実油などが原料として使用されますが、含まれる脂肪酸はリノール酸です。

 

リノール酸は、人体で合成できないオメガ6という必須脂肪酸で、確かに人間にとって必要不可欠な脂肪酸です。
しかし、オメガ6脂肪酸を過剰摂取すると体に悪影響を及ぼします。

 

必須脂肪酸には、オメガ6脂肪酸の他にもオメガ3脂肪酸があります。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の特徴は下記の通りです。

 

  • オメガ3・・・細胞膜を柔軟にし、炎症性の反応を鎮める
  • オメガ6・・・細胞膜を硬くし、炎症性の反応を引き起こす

 

つまりオメガ6脂肪酸の過剰摂取により、脂肪酸のバランスが崩れ、このオメガ6脂肪酸の炎症性の反応が強くでてしまいます。このオメガ6脂肪酸の炎症性の反応が、発癌や体内の癌成長に大きくかかわっていると言われています。
さらに、トランス脂肪酸のオメガ6脂肪酸は、自然のままのオメガ6脂肪酸より消化しにくく、はるかに炎症性が高いとも言われています。

 

オメガ6とオメガ3の理想バランスは”オメガ6が1〜4に対してオメガ3が1” が適切であるといわれています。しかし、現代人の食生活習慣ではオメガ6脂肪酸が過剰になり、その比率は”10対1”あるいは”50対1”というひどい状態になっていて、さまざまな現代病を引き起こす大きな原因となっています。



 このエントリーをはてなブックマークに追加