トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸は、マーガリンのような加工油脂やスナック菓子、インスタント食品、牛や反芻動物の肉などに含まれる脂肪酸の一つです。加工油脂の場合、液状の不飽和脂肪酸を固形にする必要があります。その際、水素を添加して飽和脂肪酸というものに変化させるのですが、この作業の段階で発生するのがトランス脂肪酸なのです。

 

そもそも脂肪酸とは、油脂などの構成成分で大きく分けて「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」に分けられます。この不飽和脂肪酸の中で炭素に結びつく水素の向きが互い違いになっているものを「トランス型」、同じ向きのものを「シス型」と呼びます。

 

トランス脂肪酸

 

 

通常の脂肪酸はシス型という構造になっており、これは分子が不安定なため液状で劣化しやすいという性質を持っています。しかし水素を添加することで分子が安定化し、安定した構造に変化するのです。これがトランス型と呼ばれるものです。

 

トランス脂肪酸は常温でも固形を保つことができ、酸化や劣化がしにくいという特徴があります。そのため様々な食品に用いられているのです。しかし、トランス脂肪酸は体内で代謝されにくいので、人体の健康に様々な悪影響を及ぼすと言われています。

 

 

トランス脂肪酸は下記のいずれかの過程で生成されます。

 1.油の高温加熱の過程で生成される
 2.植物油脂などの加工の際に水素添加の過程で生成される
 3.自然界で牛などの胃の中でバクテリアにより生成される

 

1と2のケースが圧倒的に多く、トランス脂肪酸は天然ではほぼ存在しません。