トランス脂肪酸を含む食品と危険性 マーガリン、表示、含有量

トランス脂肪酸と食品

トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングなどの食品に多く含まれており、人体にとって危険な物質です。
表示や含有量には注意してトランス脂肪酸を避け、健康的な生活を送りましょう。

 

トランス脂肪酸を含む食品とその含有量
マーガリン
ショートニング
トランス脂肪酸を含まない油
トランス脂肪酸を避ける食事

 

トランス脂肪酸について

トランス脂肪酸とは、液体の不飽和脂肪酸に水素を添加して固体の飽和脂肪酸にする際に発生する物質のことです。
また、オメガ6脂肪酸とも関連があります。

 

トランス脂肪酸とは
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 トランス脂肪酸
トランス脂肪酸の構造式
トランス脂肪酸とオメガ6脂肪酸

 

トランス脂肪酸の影響

摂りすぎると動脈硬化や心臓病、アレルギーなど体にさまざまな病気や悪影響をもたらします。
病気を予防するためにも極力摂取しないよう心がけましょう。

 

トランス脂肪酸の危険性
動脈硬化や心臓病
がん
糖尿病
アレルギー
脳へのダメージ
アルコール依存症
認知症

慢性疲労症候群
月経前症候群(PMS)
カンジダ症
ウイルス感染
免疫機能

 

トランス脂肪酸と化粧品

市販の化粧品にもトランス脂肪酸が含まれていることがあります。
肌に使うものですので注意しましょう。

 

トランス脂肪酸と化粧品
マッサージオイル

 

トランス脂肪酸と現代社会

トランス脂肪酸の規制

一部の海外の国ではトランス脂肪酸が規制されています。
日本でも今後期待されています。
また、マクドナルドなどの企業も積極的に取り組んでいます。

 

トランス脂肪酸の日本国内での規制
海外での規制
アメリカ
デンマーク、韓国
その他の国
マクドナルド
ケンタッキーフライドチキン
ミスタードーナツ、ウェンディーズ

スターバックス、プラム・オーガニックス
花王エコナの停止